2011年 08月 13日
[HDR] 江戸の面影が残る港@鞆の浦
a0181200_03434.jpg
Nikon D7000 / SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
[手持ち3shot(2EV毎) / Photomatix / Topaz Adjust ]

江戸時代の家並みや港の面影が残る港町、鞆の浦。
最近では「崖の上のポニョ」の構想が練られた地として、
そして龍馬伝にも登場したいろは丸事件の地として話題になりました。

実際にはポニョで売り出しているわけでもなく観光地としてはけっこう地味。
こういう地は変に観光地化するよりも地味なくらいが趣がある気がしますが、
そんな事が言えるのはあくまでも無責任な観光客目線でして。
現実には架橋問題などもあっていろいろ複雑みたいです。
歴史遺産の維持か、それとも住民の利便性か、そして背景にある(であろう)大人の事情・・・。

まあその話は置いておいて、鞆の浦はHDRに映える港町だなあと思います。
今日の写真は鞆港。
江戸時代から残存するものとしては日本最長の雁木、夕暮れ前の雲、それを映す水面、
HDR素材としては申し分無しですね。

にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ にほんブログ村 写真ブログ 水中写真へ ←クリックして頂けると励みになります。
[PR]

by mochitake_2nd | 2011-08-13 00:36


<< [HDR] 渋滞、故障、レッカ...      [水中写真] ハナイカのハッチ... >>